私色日記

もしあのとき私が彼の手を引いていたら助かったのだろうか。 今となってはもう過ぎたことで、私 ...

私色日記

生きていてれば誰も必ず後悔するという場面に直面する。 そんな人が人生の最期の日を宣告された ...

私色日記

それは幼少の頃の話だ。 私はバーゲンの関係で親に連れられて大きなショッピングモールに足を運 ...

私色日記

あぁ、なんて先が真っ暗な未来なんだ。 裕福ではないが、かといって路頭に迷っているわけでもな ...

私色日記

私は早く大人になりたいと思っていた。 子供だと様々な価値観を押し付けられて生きていかねばな ...

私色日記

よくホラー映画で物に魂が宿って、人間を襲ってくるなんて物語がある。 現実にそんなことが起き ...

私色日記

幼いころより見ているものがある。 年内に必ず何回か姿を現すものだ。 赤い稲妻が走って近隣の ...

私色日記

あのまぶしく爽やかな人に会ったのは実に一年ほど前になる。 私が自分がいるだけで回りを不幸に ...

私色日記

近年人工的に掛け合わせをしてみたり、遺伝子操作をしたりすることによって自身や自分の娘、息子 ...

私色日記

この世の物質のあらゆるものを浄化できるものが地に舞い降りたとしたらどうなるだろうか。 細菌 ...