私色日記

土砂降りの日だった。 雨がザーザーと激しく地面を叩く。 そんな中私はビニール傘を片手に、帰 ...

私色日記

少女の顔を見るといつもどこか惹かれるものがあった。 高校時代の同級生でもある藤宮亜美のこと ...

私色日記

一人の少女が消息を絶った。 自殺だった。 俺は目の前でこの世を去ろうとした彼女を止めること ...

私色日記

私は後天的に盲目になった。 理由はわからないというか聞かされていない。 後天的だから聴力を ...

私色日記

都市伝説だったかフィクションだったか覚えていないが、それが大きく注目を集め映画化されたこと ...