私色日記

みんな、同期の人たちと同じように制服を着て学校へ通いたかった。 そう私は高校入学初日から休 ...

私色日記

世界を星を管理していると時より虚しくなる。 私の1分が星の1日であり、地球を含め生物が生存 ...

私色日記

人が正しい判断を下すには経験から思慮するものだが、一昔前の私はその猶予すら与えられていなか ...

私色日記

「やっと言えた。」 私は心から喜んでいた。 あまりにも嬉しくて達成感があって私はジャンプし ...

私色日記

着彩されている方が刺激が多くて好きだ。 モノクロの白黒二色の世界になると明暗だけで夜景なの ...