私色日記

少々おっちょこちょいな少女を俺は知っている。 その少女は霊媒師の一人娘で、俺より一つ下の学 ...

私色日記

「どうにかしてくれ。一生のお願いだ。」 そんなことを言って私に懇願する人間は数えるのを諦め ...

私色日記

今思えば頼りない恋をしていたんだと思う。 頑なな私は視野が狭く、誰かに縋ることさえしなかっ ...

私色日記

春といえば別れと出逢いの季節。 高校を卒業してからというもの、私は迷走していた。 私の生ま ...

私色日記

もしあの時にこうしていたら。 この時こんな能力があったら。 人は必ず後悔する経験をする生き ...

私色日記

私の母はすでに他界している。 生活費の削減のために自炊を始めたのだったが、どうもうまく味が ...

私色日記

とある日の休日、とは言っても会社の定休日なので平日だが、その日偶然休みだった同僚と一緒にち ...

私色日記

ドッペルゲンガーという言葉をご存知だろうか。 容姿が自分とそっくりな人間のことだ。 だがそ ...

私色日記

勤勉に生きてきた。 だが自分の意志とは裏腹に、身体はいつもストップをかけてくる。 ここぞと ...

私色日記

高校に通うようになり、給食から弁当に移行した俺は、母の作った弁当を持って登校していた。 運 ...