私色日記

異世界といえど、銀行口座という概念は存在するようだ。 1月某日、俺はバイクに乗車中、対向か ...

私色日記

幼いころは普通の境遇で育ち、中学生まで人並みの人間として生きてきた。 それが高校に上がった ...

私色日記

「残さず食べてね」 もうその言葉を聞くことさえできない。 南野綾子。 俺は彼女と夫婦別姓で ...

私色日記

薬が一般に出回る前に被験者に服用させて効果を見る。 一週間程度入院するだけで、楽で高額なバ ...

私色日記

夢を見た。 人の怒号が聞こえた。 何に起こっているのかわからない私は困惑した。 でも夢の中 ...

私色日記

土砂降りの日だった。 雨がザーザーと激しく地面を叩く。 そんな中私はビニール傘を片手に、帰 ...

私色日記

少女の顔を見るといつもどこか惹かれるものがあった。 高校時代の同級生でもある藤宮亜美のこと ...

私色日記

一人の少女が消息を絶った。 自殺だった。 俺は目の前でこの世を去ろうとした彼女を止めること ...

私色日記

私は後天的に盲目になった。 理由はわからないというか聞かされていない。 後天的だから聴力を ...

私色日記

都市伝説だったかフィクションだったか覚えていないが、それが大きく注目を集め映画化されたこと ...