ロゴユメ

プレゼンの準備

フリー台本 フリー台本

「ああ、もう何時だろう」

と美咲は時計を見つめながらため息をついた。

深夜のオフィスは静まり返っており、彼女以外の人影は見当たらなかった。

大切なプレゼンのために準備をしている最中だったが、思ったよりも時間がかかってしまっていた。

すると、ふと美咲の目に異変が入った。

机の上に落ちていたゴミを片付ける姿が、清掃スタッフの山田健太郎だった。

美咲は彼とは仕事以外で関わることはなかったが、いつも笑顔で仕事をしている彼の姿に心が和んだ。

「お疲れ様です。もしよかったら、手伝いましょうか?」

健太郎が美咲に声をかけた。

「えっ、いえ、大丈夫です。でも、ありがとう」

と美咲は恥ずかしそうに答えた。

それからしばらくの間、美咲と健太郎は黙々と作業を続けた。

しかし、彼の優しい声や気配りが、美咲の心を癒してくれた。

彼の存在が、美咲のプレゼンに対する緊張感を和らげてくれたのだ。

「今日のプレゼンは大丈夫ですか?」

健太郎が小さな声で尋ねた。

「うーん、まだ自信はないけど、頑張ります」

と美咲は微笑んで答えた。

すると、健太郎は思わず笑顔を見せた。

「きっと素晴らしいプレゼンになると思いますよ。頑張ってください!」

その言葉に美咲は心が温かくなった。

彼が自分を信じてくれていることが、何よりも励みになった。

「ありがとう、健太郎。言葉が励みになるよ」

と美咲は感謝の気持ちを込めて言った。

しばらくの間、二人はプレゼンのことや仕事のことについて話し合った。

健太郎の率直な意見やアドバイスは、美咲にとってとても参考になった。

「時間が遅くなってきたね。私はもう少し仕事を続けるけど、健太郎は帰りますか?」

美咲が尋ねた。

「ええ、そろそろ帰る時間です。明日も早いですしね」

と健太郎が笑顔で答えた。

美咲は彼が去る姿を見送りながら、ふと思った。

彼との何気ない会話が、今は楽しみになっていることに気づいた。

仕事一筋の自分にとって、こんな風に心を打ち解けられる相手がいることはとても幸せなことだと思った。

「また明日、お願いね」

と美咲は微笑みながら言った。

「はい、お疲れ様でした。明日も頑張ってください」

と健太郎が笑顔で答えた。

美咲はその笑顔を見て、心がほっとした。

彼との関係は徐々に深まっていくのかもしれないと思いながら、彼の後ろ姿を見送った。

彼女の心には、仕事のプレッシャーと恋愛の不安が交錯していた。

だけど、彼との出会いが彼女の人生に何かを変えてくれるのかもしれないという希望が芽生えていたのだった。

スポンサーリンク

かまあんディスコード

芸能活動を楽しむオタク部屋運営中。

NFTやクリプトの情報も半自動収集中。

参加は誰でもできます。

会費などはありません。お気軽にご参加ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました