ロゴユメ

リーダーとしての役割

フリー台本 フリー台本

「佐藤さん、プロジェクトの進捗はどうですか?」

美咲の上司である田中が尋ねた。

「はい、順調に進んでいます。高橋さんと鈴木さんがプログラムの開発を担当し、伊藤さんがクライアントとの交渉を進めています」

と美咲は報告した。

「それは良かった。君がリーダーとして頼りになるから、安心して任せられるんだ」

と田中は笑顔で言った。

美咲は微笑みながら感謝の気持ちを伝えた。

「ありがとうございます。でも、これはチームのおかげです。皆さんが協力してくれているからこそ、プロジェクトは順調に進んでいます」

田中はうなずきながら言った。

「確かに、君がまとめ役としてチームをまとめているおかげで、円滑に進んでいるよ。これからも頼んだぞ」

美咲は田中の言葉に胸を膨らませた。

自分がリーダーとして認められ、チームをまとめることができていることに、大きな自信を持てた。

それから数週間が経ち、プロジェクトは順調に進んでいった。

美咲は、4人の男性メンバーと共に日夜働き、時には困難な局面に立ち向かっていた。

彼らとの関係も深まっていった。

高橋は天才的なプログラミングスキルでプロジェクトを支え、鈴木はクールな判断力で戦略を立て、田中は温厚な人柄でチームをまとめ、伊藤は情熱的な営業力でクライアントとの関係を築いていった。

美咲は彼らの仕事ぶりに感心しながら、自分自身も日々成長していくことを感じていた。

ある日、美咲は会社のロビーで4人と待ち合わせをしていた。

プロジェクトの進捗報告をするためだ。

鈴木がやってきて、クールな笑顔で言った。

「美咲さん、進捗はどうですか?」

美咲は微笑みながら答えた。

「順調に進んでいます。完成まであと少しです」

すると、高橋が加わり

「君がリーダーとしてチームを引っ張ってくれるおかげで、プロジェクトはスムーズに進んでいるよ」

と言った。

美咲は恥ずかしそうに頬を赤らめながら言った。

「そんなことないですよ。皆さんの協力があってこその進捗です」

田中と伊藤も合流し、4人はプロジェクトの進捗報告を始めた。

その後、美咲は4人に感謝の気持ちを込めてスピーチを行い、自分の選択を明かした。

「私は、仕事一筋のキャリアウーマンだった。恋愛には興味がなく、仕事に全力を注ぐことが私の生きる道だと思っていました。でも、このプロジェクトを通じて、私は多くのことを学びました。仕事だけでなく、恋愛や人間関係も大切な要素だと気づいたんです」

美咲のスピーチに、4人は感動していた。

彼らも同じく、美咲との関係を大切に思っていたからだ。

最終的に、美咲は自分の本当の気持ちと向き合い、キャリアと恋愛のバランスを取る方法を見出した。

プロジェクトの成功発表会の日、美咲は4人全員との特別な関係を保ちつつ、新たなプロジェクトに挑戦するのだった。

スポンサーリンク

かまあんディスコード

芸能活動を楽しむオタク部屋運営中。

NFTやクリプトの情報も半自動収集中。

参加は誰でもできます。

会費などはありません。お気軽にご参加ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました