ドラマ

スポンサーリンク
掌編小説

川下りする婚姻届

婚姻届が川を流れる天界に住んでいる主人公が、婚姻届が逆流する現象について説明する。彼は、婚姻届を川から取り出してシュレッダーにかけ、影響を回避する方法を確立する。この方法が功を奏し、主人公は昇進する。
掌編小説

色を奪う世界

子供がいる母親は、子供の力で色を再び見ることができた。しかし、ある日子供が失踪し、母親は色のある場所を発見する。後に知らされたのは、そこにいると色が抜けるということだった。母親は自分には色がないと気付き、今後は子供に色を聞くようになった。
掌編小説

崩壊と構築

星を管理する仕事をしている主人公が、地球や他の星について考える中で自分の存在の虚しさを感じる。人間が宇宙開発をしていることや、情報技術の発展によって神を信じなくなったことなどが描かれる。彼は管理する星の再構築を担当しているが、それが自分の生きがいだと思っている。
掌編小説

さぁ出かけよう

父親との思い出を振り返りながら、主人公が父親の料理に挑戦するエピソードを描いた物語。
掌編小説

花の嘘

この小説は、死神に出会った主人公が命と引き換えに幸せな人生を得る取引をするという内容です。主人公はその後、自分の人生について考え、有意義な人生を送るようになります。また、主人公は自分の娘に死期を告げられますが、その後、娘が冗談であったことが分かります。
掌編小説

頼りない恋、今も正解はわからない

女性が初恋の人に振られ、彼に対する思いを断ち切るために、美術部に所属する行夜と出会う。行夜に惹かれる女性だが、彼には彼女がいることを知り、諦めようとする。しかし、偶然の出会いから、行夜と彼女を繋ぐ運命的な出来事が起こり、女性は行夜に惹かれていく。
掌編小説

死神のアンケート

死神に出会った後、2度目の人生をもらった。生きたいと答えた私は、まばゆい光に包まれ、目の前にいた死神と別れた。今は、急がずに生きることを決めた。
掌編小説

好きだった作品は、私が塗り替えてしまったという話

ファンとなった彼の作品に興味を持ち、情報を集めるうちにインフルエンサーに変わった主人公。しかし、発信した情報がアンチからの誹謗中傷を引き起こし、彼にも影響を与える。主人公は彼を説得しようとするが、それが逆効果に。最終的に、主人公は自分の行いを反省する。
掌編小説

語彙力のない小説家は、一時の書き込みに落ちた

小説を書くのが好きだったけど、ゲームにはまって筆を置いていた大学4年生。突然書きたくなり、文章が下手くそだと思い込む。推敲して投稿するもアクセスがなく、作品は死んでいると思う。しかしコメントが届き、次回作に期待を押してもらい、嬉しくて作品を書く気力が生まれた。
掌編小説

私の心はいつも黒い箱の中に

「統合失調症」と診断された主人公が、周囲の人々が自分の思考を読んでいると錯覚し、精神的に狂い、SNSに書き込むも、誰も信じてくれず、治療を受けて回復する話。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。