ロゴユメ

リモートワークと恋

フリー台本 フリー台本

25歳の彩佳は、東京のIT企業でウェブデザイナーとして働いていた。

彼女は3つ年上の将司という男性とオフィスビル1階のカフェで偶然出会った。

最初はただの出会いだったが、彩佳と将司はカフェで顔を合わせる機会が増え、共通の趣味である写真撮影を通じて親密になっていった。

ある日、彩佳は将司とカフェで再び会った。

彼女は疲れた表情で席に座り、コーヒーカップを手に持っていた。

「彩佳、最近忙しそうだな。仕事は順調なのか?」

彩佳は疲れた笑顔で答えた。

「うん、最近はプロジェクトが忙しくて、残業が続いているんだ。でも、頑張ってるよ」

将司は彩佳の目を見つめながら言った。

「大変だろうけど、君の頑張りを尊敬してるよ。君が働く姿を見ると、自分も頑張らなきゃって思うんだ」

彩佳は将司の言葉に心が温かくなった。

「ありがとう、将司。君の言葉がとても嬉しいよ」

二人はしばらく静かにコーヒーを飲みながら、互いの存在を感じていた。

「将司、最近写真を撮りに行く時間がなくなってしまったんだ。仕事が忙しいから、趣味にまで手が回らないんだよね」

将司は彩佳の言葉に同意しながら、少し考え込んでいた。

「確かに、忙しいと思うけど、君の写真は本当に素敵だから、もっとたくさん撮ってほしいな。一緒に写真を撮る時間を作ろうよ」

彩佳は驚きながらも嬉しさを感じていた。

「本当に?一緒に写真を撮る時間を作ってくれるの?」

将司は笑顔で答えた。

「もちろんだよ。君の写真を見るたびに、君の魅力をもっとたくさん引き出したいって思うんだ。一緒に写真を撮りに行こう」

彩佳は心からの笑顔を浮かべながら、将司の手を握った。

「ありがとう、将司。一緒に写真を撮りに行くこと、楽しみにしてるよ」

彩佳と将司は、写真撮影を通じてさらに親密になっていった。

SNSで互いの写真をシェアし合い、オンラインでも交流を深める日々が続いた。

しかし、彩佳の仕事がますます忙しくなり、将司との時間が取れなくなっていった。

彩佳は心の中で将司に対して申し訳ない気持ちを抱えていた。

ある日、彩佳は上司からプロジェクトの成功を伝えられた。

彼女は昇進のチャンスを手に入れることができたのだ。

一方、将司は地方転勤の内示を受けることになった。

彩佳と将司の関係にすれ違いが生じ始めた。

彩佳は将司との関係を守るために、リモートワークを活用して将司の転勤先でも仕事を続けるよう上司と交渉した。

将司は彩佳のキャリアを尊重し、遠距離恋愛も厭わない覚悟を決めた。

「彩佳、君と一緒にいたい。遠距離でも、お互いの夢を応援しながら、新たな人生の章を歩んでいけると思うんだ」

彩佳は涙を流しながら、将司の言葉に心からの感謝を込めて答えた。

「ありがとう、将司。私も君と一緒にいたい。お互いの夢を応援しながら、新たな人生の章を歩んでいこう」

二人はお互いの手を握りながら、新たな人生へと歩み始めた。

彩佳のキャリアと将司の転勤先での仕事を両立させながら、お互いの夢を叶えるために努力し続けるのだった。

スポンサーリンク

かまあんディスコード

芸能活動を楽しむオタク部屋運営中。

NFTやクリプトの情報も半自動収集中。

参加は誰でもできます。

会費などはありません。お気軽にご参加ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました