ヤングアダルト

スポンサーリンク
掌編小説

偏差値を20上げる物語

高校2年生の春、偏差値45から偏差値65以上を目指して勉強することにした佐藤。適切な教材を選び、学習時間を確保した後、予備校に通い始める。高校3年生の秋には偏差値60を突破し、冬には目標の偏差値65を達成した。佐藤は目指す大学に合格し、自分自身が目標を達成したことで自信を持つことができた。
掌編小説

競馬、20歳で初めてやってみる

20歳になったばかりの人が、競馬を初めて体験し、勝ったり負けたりして自分の成長を感じる様子を描いたエッセイ。競馬は単にお金をかけるギャンブルではなく、馬や騎手、競馬場の雰囲気を楽しむことができるものだと感じた
掌編小説

近くの楽器店、楽器の日に

楽器店でサキと一緒に演奏した。人々は私たちの演奏に酔いしれた。楽器を探し続け、自分たちに合ったものを見つけた。自分たちの音楽を広めるために公園や駅前で演奏した。大きな公演も行い、人々に拍手をもらった。今後も音楽を作り続け、人々を幸せにすることを大切にする。
掌編小説

インスタがみたいだけなのに、エラーで入れない

高校生の菜々美はインスタグラムを見ていたが、ログインできずに苛立っていた。翌朝、彼女は不思議な場所にいた。そこで謎解きゲームに巻き込まれ、他の人たちと協力して脱出を試みる。彼女たちは配信でゲームをライブ配信し、多くの人々に支援されながら脱出を目指す。
掌編小説

感動マーケティングを使った漫画に沼った

感動マーケティングを使った漫画に没入した高校生・太郎が、少女と少年の交流を描いた物語に共感し、自分自身も変化が現れた。
掌編小説

怪盗恋バナ

恋愛に関する話題が中心の小説で、恋愛泥棒と呼ばれる人物が登場する。盗み出した恋心を注入して、思いを寄せる女性に告白するが、失敗してしまう。しかし、その後、彼女との距離は近づいていく。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。