ファンタジー

スポンサーリンク
掌編小説

それぞれに映るセカイ

主人公は人の能力を見抜くことができる。自分の能力を認めていない人や、使い方がわからない人にアドバイスをする。また、人の目を見ると記憶を読み取ることができるが、誰にも暴露しないという。小説全体は、人の内面や死と向き合う物語。
掌編小説

空からの言伝

幻聴を聞く主人公は、病院での診断に疑問を持ちつつ、ある日突然亡くなる。その後、初老の男が自分の先祖であると名乗り、主人公に対して「こっちへいらっしゃい」という音声を送り続ける。やがて主人公は、新しい人生のスタートを切る。
掌編小説

マネー戦記

男性が女装趣味を持ち、SNS上で投資ゲームに参加するうちに富豪になっていく様子を描いた小説。
掌編小説

内心の水音

高校生の男子が、ふとしたきっかけで人の心情を音として聞き取れるようになり、その力を活かしてアドバイスをするようになる。ある日、自分と同じように音が聞こえない女子と出会い、音を感知できる人がいることを知る。彼女は自分にも音がないことを告げ、男子と同じような力を持っているのではないかと思わせる。
掌編小説

夢の使者

細く長い指、整った顔立ちの女性が出てきて、主人公に夢の中であることを説明する。主人公は幸福を求め、様々な要求をしたが、代償が気になり始める。女性は神の力を持っており、再会を約束する。主人公は夢から覚める。
掌編小説

無名の守護者

主人公の佐々木優菜は霊と共に育ち、自分には見えない存在である。しかし、その霊は彼女が水泳部で成功するように尽力し、彼女が父親に引き取られるように働きかけた。今でも側にいる霊が、彼女を選んだ理由を、彼女に語りかける。
私色日記

鳥類の生まれ変わり

鳥のような羽を持った主人公が心拍数が速いため短命だと悩み、恋愛を避けて図書委員になる。小説を通じて自分を忘れ、物語の中で旅をすることで生きる希望を見出す。
掌編小説

箱庭の歌

箱庭の歌という本を拾った主人公が、読んでいくうちに自分が箱庭の中で飼育されていることに気づき、箱庭から脱出するために歌を歌う。そして自由になった主人公が、異変に気付ける大切さを学ぶ物語。
掌編小説

古くからの約束

少女「彩」は、何でも願いを叶えるという不思議な力を持っており、主人公はこの力を使って両親を蘇生させるよう頼んだが、叶えられずに彩を忘れてしまう。中学生になった主人公は、刺されて意識を失い、目覚めると彩がいたことで、彼女の存在を思い出す。
掌編小説

神への懇願

神社に住む神は、多くの人々からの要望に応えるために力を使う。しかし、制限があるため、叶えられない要望が多い。ある日、神は聖水を使って病気を治癒する手法を見つけ、これによって救済できる人が増加した。神は自分が無力であることを思い知り、人間の強さを感じる。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。