ロゴユメ

19世紀の幻想の国

フリー台本

源一郎は、秀吉軍の偵察任務中に不思議な霧に包まれた谷間を発見した。

「これは…一体何なんだろう?」

源一郎は不思議そうに呟いた。

霧を抜けると、そこには時が止まったかのような古代日本の姿をした小さな王国が広がっていた。

源一郎は驚きを隠せなかった。

「これはまるで、幻想の国のようだ…」

源一郎は口をつぐんだ。

王国の人々は、平安時代から続く独自の文化と高度な技術を持っていた。

彼らは古代の衣装を身にまとい、古代の言葉で会話をしていた。

「おお、この姿はまるで平安時代の人々だな。本当に時が止まっているのか…?」

源一郎は自問自答しながら、周囲を見渡した。

その時、源一郎の前に現れたのは、王国の姫・花菱はなひしだった。

彼女は美しい和服を着ており、清楚な佇まいが魅力的だった。

「あなたが外界から来た人ね。私は花菱。王国の姫よ。」

花菱は優雅な笑顔で言った。

「花菱姫、お会いできて光栄です。私は源一郎と申します。秀吉軍の武将で、偵察任務でこの地に来たのです。」

源一郎は恭しく頭を下げた。

花菱は微笑みながら言った。

「源一郎さん、私たちの王国は古代の呪術で外界から隔絶され、時の流れが遅くなっています。ですから、外の世界がどのように変わったか、私たちには分からないのです。」

源一郎は驚きを隠せなかった。

「そんなことが…。王国の技術は、本当に素晴らしいですね。」

花菱は微笑みながら続けた。

「源一郎さん、私たちはこの王国を守るために戦わなければなりません。もし、あなたが私たちを守ってくれるなら、王国の技術をお見せしましょう。」

源一郎は心の中で葛藤したが、最終的には王国を守ることを決意した。

「花菱姫、私は秀吉軍の武将ですが、王国を守ることに協力します。どうか、私に王国の技術をお見せください。」

花菱は嬉しそうに微笑んだ。

「ありがとうございます、源一郎さん。きっと王国の技術は、あなたの役に立つでしょう。」

源一郎と花菱は力を合わせ、古代の技術と現代の戦術を組み合わせて王国を守るために奮闘した。

「花菱姫、私たちの戦いはこれからも続きます。しかし、私は必ず王国を守り抜きます。」

源一郎は決意を込めて言った。

花菱は優しく微笑んで応えた。

「源一郎さん、あなたと共に戦えることを誇りに思います。私たちは必ず勝利を掴みましょう。」

激しい戦いの末、三者による和平交渉が行われることになった。

王国の独立は認められたが、徐々に外界と交流していくことが決まった。

「これからは、私たちと外界の交流が始まります。新しい時代の架け橋となりましょう。」

源一郎は花菱と握手し、誓いを交わした。

王国は少しずつ「時の結界」を解き、日本の歴史に新たな一頁を加えていくのだった。

スポンサーリンク

かまあんディスコード

芸能活動を楽しむオタク部屋運営中。

NFTやクリプトの情報も半自動収集中。

参加は誰でもできます。

会費などはありません。お気軽にご参加ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました