ロゴユメ

記憶の魔法使い

フリー台本

「ふぅ、ようやく帰宅できた」

と美咲は溜息をつきながら、疲れ切った表情で家路についていた。

OLの仕事は忙しく、毎日遅くまで働かされることも多い。

しかし、美咲はそれに慣れていた。

彼女は真面目で責任感が強く、どんな仕事でも全力で取り組む姿勢が自然と身についていた。

しかし、今日は少し違った。

帰宅途中に突如として現れた不思議な光に包まれ、美咲は意識を失ってしまったのだ。

目を覚ますと、美咲は見知らぬ場所にいた。

周囲はまるでファンタジーの世界のようで、美しい景色が広がっている。

「これは一体どこなの…?」

美咲は困惑しながらも、周囲を探索しようと歩き始める。

すると、街の中心にある大きな建物が目に入った。

「あの建物に行ってみようかな」

美咲は興味津々の表情で、一歩一歩とその建物に近づいていく。

すると、建物の前には人だかりができていた。

何事かと思い近づいてみると、街の人々が興奮気味に何かを話しているようだった。

「どうしたんですか?何か事件でも起きたの?」

美咲は近くにいた人に尋ねると、彼は驚いたような表情で答えた。

「ああ、王族の一員が暗殺されたんだ。これまでにない大事件なんだよ」

美咲の心はざわついた。

彼女はなぜかこの街が異世界であることや、自身の特殊な能力を思い出していた。

彼女は他人の記憶を読み取ることができるのだ。

そして、今回の事件に関わる人々の記憶を読み取り、真相を解明することが彼女の仕事なのだ。

「私、調査官になったばかりだけど、この事件の真相を解明してみせるわ!」

美咲は意気込むようにつぶやき、周囲の人々と共に事件解決に向けて動き出した。

しかし、彼女はまだ知らない。

この事件が単なる暗殺ではなく、王国を揺るがす大きな陰謀の一部であることを。

美咲の冒険が始まる。彼女は自身の能力の真の力に気づきながら、陰謀の真相に迫っていくのだった。

スポンサーリンク

かまあんディスコード

芸能活動を楽しむオタク部屋運営中。

NFTやクリプトの情報も半自動収集中。

参加は誰でもできます。

会費などはありません。お気軽にご参加ください。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました