私色日記

ストーリー

1000文字程度で完結の短い小説をここでは掲載しています。

どれも続編はありません。それぞれが別々のストーリーとして描かれています。

どこから読んでも大差ないので、目に留まったタイトルから見てみるのもいいかもしれませんね。

感想等はツイッターで受け付けています。

各話一覧

第1話 神という存在

第2話 彼女の執筆が描く世界

第3話 地球の代わりを探してたら、身体を忘れてきた

第4話 販売します!理想の人間関係

第5話 私の心はいつも黒い箱の中に

第6話 語彙力のない小説家は、ひと時の書き込みに落ちた

第7話 私が好きだった作品は、私が塗り替えてしまった

第8話 死神のアンケート

第9話 炬燵の中のエプロン

第10話 書いたことが現実になるノートを手にした末路

第11話 縁結びのスプレー

第12話 全てを浄化する能力

第13話 人工的な能力を作るのにご協力を

第14話 幸運の少年と不幸の少女

第15話 赤い稲妻

第16話 生き人形

第17話 大人になりたい私と、大人になりたくない人の交換

第18話 脱網サロン

第19話 私の名を呼んで

第20話 美しい終わり方

第21話 手を握り希う

第22話 想定外の弁当を目にすることになった理由

第23話 クリスマスのコンビ店員

第24話 紙一重の私

スポンサーリンク




Posted by yuko21