脱網サロン

あぁ、なんて先が真っ暗な未来なんだ。

裕福ではないが、かといって路頭に迷っているわけでもない。

そんな私は今の自分をどうにか変えなきゃいけないと思っていた。

だがそれは思うだけで行動に移されることはなかった。

自分の現状を捻じ曲げる手法なんて頭に浮かんでこないからだ。

新しく物事を行う時間も心理的余裕も、度重なる仕事の残業でなくなっていった。

外部から新たな情報を取り入れていないのだから、行動に変化が生まれることもないのは当然だろう。

でもそんな私に転機が訪れた。

「一言に脱網サロン、脱ぐという字に網という字を書いて呼びます。
今のあなたは現状を打破したい、そうお考えになっていらっしゃると存じます。」

なんでこの人は私の思考回路を読めるのだろう。

心理学か何かの類をマスターしているのだろうか。

私はその手の情報には疎く、ただ驚愕し、口をあんぐりと開けていることしかできなかった。

「どうしてそのことを・・・。」

私は聞き返していた。

旨の音が高鳴る。

「それはあなたの身体があらゆる網に囚われ、束縛されいてる状況にあるためです。
私にはその網が見えるのです。」

にわかに信じ難かったが、私は興味本位で問うた。

「それがなくなるとどうなるんですか?」

若い男はにやりと笑うと、言葉を紡いだ。

「今の人生が薔薇色になるでしょう。
あなたの世界観を切り替えて差し上げますよ。
初回ですからタダでいいのでどうぞお試しになってください。」

そういうと薬か何か、粒状のものが入った容器を手に握らされた。

「ご使用後の感想をお待ちしております。」

帰宅してすぐにそれを使った。

本当にこれで私の人生が一変するのだろうか。

翌日出勤すると、私にいつもつっかかってくる上司がいなくなっていた。

あの人がいるといつも仕事が苦痛に感じていたし、作業効率も低下していた。

いなくなってくれてせいせいした。

それだけではない。

私の成果がその日から賞賛されるようになったのだ。

人に認められるってこんんあに気持ちが良いものなのか。

承認欲求の強い人の気持ちが今なら少しわかる気がした。

そして再びあの男が、二か月の時を経て私の前に現れた。

「どうですか調子の方は。
商品はお気に召していただけたでしょうか。」

答えは無論決まっている。

「良好よ。
使用を継続するわ。」

男はにやりと笑みを浮かべて、札と薬を交換してくれた。

スポンサーリンク