No Image

私色日記

川の下り上り。 その川はたくさんの婚姻届によってできている。 川は下流から上流へと昇るよう ...

No Image

私色日記

「キミはいつもわたしを悩ませるね。」 もう口癖になっていた。 彼が私を女というだけでいつも ...

No Image

私色日記

午前二時になると本は書き換わる。 いや、元に戻ってしまうんだ。 一度でも本に触れてしまった ...

No Image

私色日記

特別想像力に長けていたわけでもないが、小学校高学年あたりから見る夢はリアリティを増していた ...

No Image

私色日記

昔から人を見るとその人が能力者なのか、どんな能力を持っているのか言い当てることができた。 ...

No Image

私色日記

人類は重力操作の実験に失敗した。 重力を自裁に操ることができれば、化石燃料を必要とせず、飛 ...

No Image

私色日記

「こういうときって何て言うんだっけ・・・。」 目を泳がせて空中に手を泳がせて考えこむ少女。 ...

No Image

私色日記

同じ作業所で働いていた。 風格は何もしなければ穏やかで、仕事ができる純粋な人材だった。 し ...

No Image

私色日記

現世にはオタク研究所というサイトが存在するほど世界的にオタクはいる。 オタクとはある道を究 ...

No Image

私色日記

黄ばんだ満月。 今日はそれが空に佇んでいる。 年々月との距離は縮んでいるため、いずれ地球に ...