私色日記

突然だが私は人間界でいう神的存在を請け負うものだ。 そんな私の仕事はというと、幸と不幸の均 ...