No Image

私色日記

世界を星を管理していると時より虚しくなる。 私の1分が星の1日であり、地球を含め生物が生存 ...

No Image

私色日記

人が正しい判断を下すには経験から思慮するものだが、一昔前の私はその猶予すら与えられていなか ...

No Image

私色日記

「やっと言えた。」 私は心から喜んでいた。 あまりにも嬉しくて達成感があって私はジャンプし ...

No Image

私色日記

着彩されている方が刺激が多くて好きだ。 モノクロの白黒二色の世界になると明暗だけで夜景なの ...

No Image

私色日記

一人暮らしをするようになってから初めての新しい家族ができた。 私の手のひらに収まるくらいの ...

No Image

私色日記

細く長い指だった。 色白で生気が感じられない。 人形じゃないかと思うくらいの整った顔立ち。 ...

No Image

私色日記

水泳部、通称水部の私こと佐々木優菜は一人娘の父子家庭で生活を送っている。 私は幼少の頃から ...

No Image

私色日記

休日は決まって外出するのが私の父のルーティンだった。 時には釣りに、時には映画館に。 ゲー ...

No Image

私色日記

「あなたが欲しい。」 強い独占欲を持つ私は、目前の彼にそう告げた。 「君の強欲さは僕はよく ...

No Image

私色日記

トクトクトク…。 普通の人間より心臓の鼓動が速く軽快だった。 人の全身を血が巡っている割に ...